追尾レーダシステムにおけるUCA-RB-Root-MUSIC適用時のボアサイト方向の測角精度改善

鈴木 潤一郎  畝田 道雄  大舘 紀章  渡部 勉  庄木 裕樹  外園 博一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B    No.1    pp.57-67
発行日: 2003/01/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
UCA-RB-Root-MUSIC,  等間隔円形アレー,  追尾レーダ,  変換行列,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入



あらまし: 
通常のMUSIC(MUltiple SIgnal Classification)を用いた二次元(方位角,天頂角)測角では,評価関数の二次元掃引は必須である.ここで,アンテナ配列が等間隔円形アレーの場合,天頂角方向の掃引のみで二次元測角を可能にするUCA-RB-Root-MUSIC(Uniform Circular Array-Real Beamspace-Root-MUSIC)が提案されている.この方法は,二次元測角でありながら評価関数の掃引を一次元にできる利点を有しているが,原理的にボアサイト方向の推定精度が低下するという問題点がある.本論文では,追尾レーダによる高精度測角処理にUCA-RB-Root-MUSICを適用することを目的に,当該問題点を解決する方法を提案する.提案する方法は,受信信号を天頂角方向に角度領域をシフトして得られたものとして変換する前処理を行うことで,ボアサイト方向から目標が到来する状況下でも高精度測角を可能にするものである.ここでは,本提案方法の定式化やシミュレーションによる検証,並びに,擬似点目標からの実信号に対して有効な結果が得られたことを述べる.