利用者中継方式による移動通信のチャネル利用効率の改善

賈 中寧  六浦 光一  秋月 治  半田 志郎  大下 眞二郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.1   pp.21-30
発行日: 2003/01/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
移動通信,  利用者中継方式,  チャネル利用効率,  マルチメディア通信,  

本文: PDF(555.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来の移動通信の接続方式では周波数資源は固定的に各ユーザに配分され,端末は発呼から終呼まで割り当てられたチャネルを独占し続ける.このため,音声呼,データ呼ともにその情報の非送信区間の存在により,チャネルの利用効率は低いものとなっている.本論文では移動通信における端末の非送信区間を利用し,対話的なデータ通信,電子メールのようなショートメッセージ通信など実時間性の要求度が低いデータ通信サービスを,基地局と直接通信中の端末が中継する「利用者中継方式」を提案する.シミュレーション結果により,実用に適する遅延時間のもとで,呼損率,スループットなど性能の大幅な改善が可能なことがわかり,提案方式によるチャネル利用効率の改善とそれに伴うユーザ容量の増大等の有効性が実証された.