衛星オンボード処理を目的としたDSPによる周波数領域搬送波再生とPSK復調

杉山 克己  江上 俊一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B    No.12    pp.2475-2486
発行日: 2003/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 衛星・宇宙通信
キーワード: 
ソフトウェア無線,  DSP,  FFT,  衛星,  PSK,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では衛星オンボード処理やソフトウェア無線通信システムへのDSP応用を目的として,周波数領域での搬送波再生とPSK復調方式を提案する.本論文ではBPSK波を周波数 fs,BPSK波の2乗値を周波数 2fs でそれぞれサンプリングし,2乗値のFFT結果からピークを含む2周波数成分を抽出した後,初期位相exp (jφ) の補正を行って搬送波を直接再生する方法を考案している.再生された搬送波の負の周波数成分とBPSK波の正の周波数成分との周波数領域でのコンボリューションは,イメージ成分を発生させない復調を可能にし,結果をIFFTすれば,時間領域の復調出力が得られる.本提案方式では,搬送波の周波数捕そく範囲が 0 ~ fs/2 となり,同調回路を有する受信方式に比べ,搬送波の再生が可能な周波数範囲は広くなる.また,多様な伝送速度にも対応できる.BER特性の劣化は,最も不利な条件である搬送波周波数がFFTの離散周波数から1/2間隔ずれた場合においても理論値に対して1 dB未満に収まった.最後にDSPプログラムの実現性を確認するため,DSPボード(TMS320C6711DSK)を用いた実験結果を示した.