適応アンテナアレーを適用したW-CDMAシステムにおける上り回線容量の解析

今井 哲朗  多賀 登喜雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.11   pp.2311-2327
発行日: 2003/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 地上無線通信
キーワード: 
W-CDMAシステム,  適応アンテナアレー,  上り回線容量,  角度スプレッド,  ソフトハンドオーバ,  

本文: PDF(2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,W-CDMAシステムに適応アンテナアレー技術を適用した場合の上り回線を対象として,RAKE受信による効果及びセクタ間ソフトハンドオーバによる影響を考慮して上り回線容量を理論的に解析する方法を明らかにする.また,比較的現実的な遅延プロファイルと基地局側到来角度プロファイルを前提とする伝搬モデルを提案解析法に適用して,基地局側到来角度スプレッド及びソフトハンドオーバ領域を決定するレベルしきい値が容量に与える影響を評価し,その結果より"アレーアンテナの素子数","上記ソフトハンドオーバ適用時のレベルしきい値","セクタパターンの半値幅"等のシステムパラメータを容易に最適化できることを示す.