ESPRIT法における到来方向推定への相互結合及びアレー製作誤差の影響の検討

井上 祐樹  新井 宏之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.10   pp.2145-2152
発行日: 2003/10/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
到来方向推定,  ESPRIT法,  推定誤差,  相互結合,  製作誤差,  

本文: PDF(465KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ESPRIT法による到来方向推定を例として4素子リニアアレーアンテナについて送受信間距離の近接及び相互結合とアレーの製作誤差の推定誤差への影響を検討する.シミュレーションモデルを示し,これらの誤差が到来方向推定に与える影響を定量的に示す.推定誤差の最大値は送受信間距離の2乗に反比例し,製作誤差を減らすと 0° < θ1 < 60° の範囲で推定誤差の標準偏差及び推定誤差のレンジが抑えられることを示す.更に,電波暗室内での実験によりシミュレーションの妥当性を確認し,到来方向推定実験において相互結合及びアレーアンテナ製作誤差が主な推定誤差要因であることを確認する.