FFT利得を利用したOFDM用タイミング同期方式に関する検討

山崎 健一郎  石津 文雄  三木 正道  村上 圭司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.10   pp.2097-2106
発行日: 2003/10/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
OFDM,  タイミング同期,  シンボル間干渉,  キャリヤ間干渉,  FFT,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,OFDM通信においてFFT利得を利用したタイミング同期方式を提案し,マルチパス環境下で良好な特性が得られることを示す.本方式は,ガードインターバル相関処理で仮決定したタイミングで受信信号をFFT・復調し,信号中のパイロットを用いて周波数軸伝達関数(伝送路特性)を求める.更に,その伝送路特性をIFFTすることで時間軸遅延プロファイルを求め,FFTの周期性を利用した先行波タイミング探索を行い,高精度タイミング処理を実現する.また,タイミングずれがある場合の信号成分電力,干渉成分電力を計算することで,先行波探索時のしきい値を解析的に求めた.そして,計算機シミュレーションにより,少ない平均化時間で良好なタイミング検出が行えることを明らかにし,本方式の大容量伝送への有効性を示す.