適応ボルテラフィルタのための周波数領域加算正規化ブロックLMSアルゴリズムにおけるブロック長制御の有効性

大歳 哲也  梶川 嘉延  野村 康雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J86-A   No.7   pp.797-800
発行日: 2003/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
ブロック長制御,  周波数領域適応ボルテラフィルタ,  演算量削減,  収束の高速化,  

本文: PDF(288KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,周波数領域加算正規化ブロックLMS (FDSNBLMS)アルゴリズムにブロック長制御を適用する方法を提案する.FDSNBLMSは,フィルタ係数を更新する際に必要となる p 次元FFT及びIFFTの回数を削減できる点で効果的であるが,一方でブロック長の増加に伴い収束速度が劣化する問題点がある.提案法は,収束状況に応じてブロック長が自動変化するという特徴を有しており,収束状況に適したブロック長で係数更新を行うことで,収束の演算量削減の効果を保ちながら収束の高速化を実現することができる.一方従来法は,固定されたブロック長で係数更新を行うため,収束の高速化と演算量の削減を同時に実現することができない.シミュレーション結果より,提案法は従来の演算量削減の効果を保ちながら,収束の高速化を実現できることを実証している.