分散仮想環境上の協調型タスクモデルにおける遅延による情報損失とパフォーマンス劣化の関連について

塙 大  米倉 達広  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J86-A   No.6   pp.718-722
発行日: 2003/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
遅延,  分散仮想環境,  協調型タスク,  情報損,  最大半径,  

本文: PDF(293.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,分散仮想環境上で行われる協調型タスクにおける効率のモデル化を試みる.具体的には,遅延量や更新間隔などの遅延属性によるタスクパフォーマンスの劣化を,条件付きエントロピーの積分範囲の観点からモデル化した.その結果,更新間隔と遅延の変動がパフォーマンスの劣化に大きく寄与していることが知られた.