強制切断を考慮したDMFにおけるチャネルアロケーション方式

伊藤 洋道  秋月 治  六浦 光一  半田 志郎  大下 眞二郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J86-A   No.1   pp.84-91
発行日: 2003/01/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
階層型セルラシステム,  DMF,  強制切断,  リザーブチャネル,  

本文: PDF(736.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年の移動体通信における周波数利用効率とハンドオフのトレードオフ問題に対して,筆者等は新しいセルラシステム,DMF (hierarchical cellular system with Dynamic Microcell Forming)を提案し,その高い性能改善を確認した.本論文では,DMFにおける強制切断率ならびに呼損率を更に改善することを目的として,リザーブチャネルの概念を導入した新しいチャネルアロケーション方式を提案する.また,シミュレーションによりその性能改善を確認し,考察を加える.