単体法と双対単体法を用いた区分的線形回路の全解探索法

町田 彰則  山村 清隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J86-A   No.12   pp.1472-1477
発行日: 2003/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 非線形問題
キーワード: 
区分的線形回路,  回路解析,  全解探索,  

本文: PDF(504.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
区分的線形回路のすべての解(直流動作点)を求める方法として,LPテストを用いたアルゴリズムが知られている.LPテストとは与えられた領域の中に方程式の解が存在しないことを線形計画法により確認するもので,このテストを用いて解の存在領域を絞り込んでいくことにより,非常に効率良くすべての解を求めることができる.LPテストは大別すると2種類のバリエーションがあり,それぞれに相対的な意味での長所短所がある.本論文では,これら2種類のLPテストを相補的に併用した,区分的線形回路の新しい全解探索法を提案する.