フラクタル画像符号化に着想を得た著作画像の劣化を伴わない著者認証法

長谷山 美紀  近藤 功  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J85-D2   No.10   pp.1513-1521
発行日: 2002/10/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
著者認証,  IFSパラメータ,  フラクタル画像符号化,  電子透かし,  著作権保護,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
ディジタル画像の著作権保護を目的として提案されている,各種電子透かし手法は,著作画像に,署名データや画像を埋め込む.そのため,著作画像の品質の劣化は避けられない.しかしながら,芸術性が追求される画像データは,もとの画質を保ったままで配信することが希望される場合がある.そこで,本論文では,透かし情報の埋込みを行わずに画像データを配布した場合でも,著者であることを主張することが可能な著者認証システムを提案する.提案手法は,画像符号化手法の一つとして知られているフラクタル画像符号化を応用して実現されており,符号化の際のIFSパラメータを認証パラメータとして,著作画像から,著者であることを主張する署名画像を抽出することを可能としている.