組込み装置向きプログラミング言語EBIFRY―簡便さと安定性の両立のために―

大山 博司  領木 正人  松本 忠博  直井 徹  後藤 宗弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J85-D1   No.7   pp.672-680
発行日: 2002/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェア基礎
キーワード: 
プログラミング言語,  組込み装置,  メモリ管理,  静的生成,  リアルタイム,  

本文: PDF(592.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
我々が提案する組込み装置向きプログラミング言語EBIFRYは,組込み装置のプログラミング環境を改善するために,スクリプト言語のように簡便でありながらプログラマの技術レベルによらず安定したプログラムが作成できることを目標に設計されている.我々は,これらの目標を達成するのにメモリ管理をどのようにするかが重要であると考え,静的なオブジェクト生成を基本としながら動的なオブジェクトの寿命管理を自動化するメモリ管理戦略を選択した.本論文では上述の目標を達成するためにEBIFRYの言語仕様に対して設定した要件と,実際にEBIFRYを使用して開発されたプログラムを紹介した上で,EBIFRYのメモリ管理戦略が有効に作用することを示す.