アトムモデルによる3次元散乱解析

細野 裕行  細野 敏夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J85-C   No.8   pp.712-719
公開日: 2002/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
任意形状,  不均質,  分散性,  アトムモデル,  3次元,  

本文: PDF(306.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
任意形状の不均質・分散性媒体による散乱問題を解析する方法として2次元に引き続き3次元のアトムモデル法を定式化し,その正当性と有効性を検証した.この方法の主な特長及び従来法との違いは次のとおりである.(1)原子論と関係深く,物理的因果関係が明確である,(2)特異積分のような特異性が起こらない,(3)散乱体のディジタル化だけで,真空部分のディジタル化や積分のディジタル化を必要としない,(4)数学的表現が簡単で,プログラミングが容易である.