ニューロン型導電性高分子パターンの重合条件依存性とそのシミュレーション

藤井 雅治  中都 輝陽  井堀 春生  有井 清益  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J85-C   No.12   pp.1141-1148
公開日: 2002/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (有機分子エレクトロニクスの現状と将来展望論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
ニューロン,  導電性高分子,  デバイス,  シミュレーション,  

本文: PDF(996.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
導電性高分子を電解重合法を用いて重合する際に重合条件を選べば,枝分かれ成長する導電性高分子を得ることができる.特に,重合中,条件を変化させていけば,ニューロン型の導電性高分子が得られる.このニューロン型導電性高分子は接続可能で,ネットワーク状のものを得ることもでき,このネットワークに導電性高分子の機能を付加することにより,新しいデバイスの可能性が出てくる.ネットワークの形は重合条件に依存するが,これは環境条件にも依存するということで,環境を形態に取り込んだデバイスが考えられる.形状を考慮するためにDLAモデルを改良したシミュレーションも行った.