VIPA型可変分散補償器シミュレータの設計

泉 裕友  山内 康寛  川幡 雄一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J85-C   No.10   pp.898-905
公開日: 2002/10/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
可変分散補償器,  フレネル・キルヒホッフの回折積分,  群遅延時間,  透過帯域,  

本文: PDF(451.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
超高速光通信システムの高速大容量化に伴い,分散補償技術は必要不可欠なものになっている.そこで,現在光伝送路において経時的に変化する分散に追随できる分散補償器,Virtually Imaged Phased Array(VIPA)型可変分散補償器(VIPA-VDC)を提案し,我々はその開発を進めている.この分散補償器は複数の部品で構成されているために,良好な特性を得るには分散補償器全体としての最適設計が欠かせない.そこで,フレネル・キルヒホッフの回折積分に基づくシミュレーションアルゴリズムを構築し,実際にVIPA型可変分散補償器の分散特性を計算し,本シミュレーションアルゴリズムの有効性を確認した.