IPバージョン6を用いたディジタルビデオ映像の転送

勝野 聡  浅見 徹  江崎 浩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B   No.8   pp.1323-1330
発行日: 2002/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 招待論文 (インターネットアーキテクチャ技術論文特集)
専門分野: IPバージョン6技術
キーワード: 
ディジタル映像伝送,  広帯域インターネット,  IP version 6,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
次世代インターネットのアプリケーションとして,Digital Video(DV)映像伝送アプリケーション(DV over IP)が利用され始めている.DV映像伝送アプリケーションは,家庭用ディジタルビデオカメラやビデオデッキを利用して,通常のテレビ品質に匹敵する映像をインターネットでやり取りすることを可能にするものである.必要な伝送帯域は,既存のインターネット上のビデオアプリケーションよりはるかに大きいが,高価なハードウェアを必要とすることもなく,また伝送品質も非常に高い.一方,次世代インターネット技術として研究開発が進められているIP version 6(IPv6)の普及により,家電機器を含むコンピュータ以外の様々な機器がインターネットに接続され,今までにないアプリケーションが登場することが予想される.DV映像伝送アプリケーションも,IPv6対応が行われており,Japan Gigabit Network(JGN)IPv6ネットワークにおける映像伝送実験が行われている.本論文では,DV映像伝送アプリケーションについて紹介し,その概要や特徴,IPv6対応の実装等について解説する.