通話状態における携帯端末アンテナの電磁評価用高精度リアルファントム

小川 晃一  岩井 浩  畠中 順子  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B    No.5    pp.676-686
発行日: 2002/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (人体ファントムとその応用論文特集)
専門分野: ファントムとアンテナ特性
キーワード: 
電磁ファントム,  電磁評価,  携帯端末アンテナ,  通話状態,  人体寸法計測,  

本文: PDF(833.5KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文は,携帯端末が人によって所持されて通話状態にある姿勢をリアルに表現した電磁評価用高精度ファントムについて述べている.ファントムのモデル化は,多重波中の実効性能評価で重要な仰角方向指向性を高い精度で測定するために必要な人体部位の範囲を入念に検討した結果によって決められている.ファントム形状及び寸法は日本人34,000人の人体各部の寸法を精密計測して得られた採寸統計データに基づいて決定されている.開発したリアルファントムの精度を定量的に把握するため,携帯端末ホイップアンテナの仰角指向性から平均実効利得を求め,単純形状ファントム及び実際の人体における値と比較検討した.その結果,移動通信環境で問題となる 0~40°の仰角範囲においてリアルファントムと人体の平均実効利得は0.8 dB(人体測定におけるばらつきの標準偏差)以内の良い一致を示した.