OFDM伝送における非線形ひずみの再帰的処理に基づく補償法

細野 博之  細川 泰輔  前田 毅  前原 文明  高畑 文雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B   No.1   pp.9-19
発行日: 2002/01/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
OFDM,  非線形増幅,  非線形ひずみ補償,  レプリカ,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing;直交周波数分割多重)信号は,非常に大きい信号振幅を発生するため,非線形増幅器で増幅することにより,非線形性によるひずみが発生し,BER(Bit Error Rate;ビット誤り率)特性が著しく劣化する.この課題の対策技術として,本論文では,OFDM信号のレプリカを受信側で作成することによって,非線形ひずみの補償処理を高精度に実現する方式を提案する.提案方式は,非線形ひずみを受けた復調受信シンボルを硬判定した結果をもとに,非線形ひずみ成分を再帰的に推定・補償することを特徴とする.提案方式の特性を,熱雑音環境下を対象とした計算機シミュレーションにより評価することにより,提案方式が,BER特性と作成するレプリカの総数の両面から優れていることを明らかにする.また,提案方式を陸上移動無線へ適用した場合のフェージング環境下における特性を評価するとともに,非線形増幅によるひずみが重畳されたときのフェージング補償に関する問題点についても指摘する.