低次の非球面近似で実現する修整光アンテナの提案

卯尾 豊明  戸田 知朗  高野 忠  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B    No.12    pp.2342-2353
発行日: 2002/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
光アンテナ,  鏡面修整,  許容誤差,  光衛星間通信,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入



あらまし: 
光衛星間通信のような点対点の通信で用いられる光アンテナは,高開口能率である必要がある.鏡面修整法を用いることにより,高開口能率,低サイドローブであるアンテナを設計することができるが,鏡面が高次の多項式を含む非球面となり,製作過程の誤差に対し極めて弱くなる.本研究では修整面が高次の多項式を含まないような修整光アンテナを提案し,誤差特性の改善をめざす.開口能率と独立なアンテナパラメータを変化させ,最も低次の非球面で構成できる修整光アンテナを設計し,従来の鏡面修整光アンテナと誤差特性の点で比較を行う.その結果,提案する修整光アンテナは従来の修整アンテナと比べて製作が容易になるだけではなく,非修整アンテナとほぼ同じ誤差耐性を有することを示す.