無線アドホックネットワーク用エスパアンテナの設計と試作

橋口 正哉  程 俊  飯草 恭一  Eddy TAILLEFER  平田 明史  大平 孝  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B   No.12   pp.2245-2256
発行日: 2002/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (無線アドホックネットワーク技術論文特集)
専門分野: アンテナ
キーワード: 
アレーアンテナ,  エスパアンテナ,  可変リアクタンス,  ビーム形成,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
無線アドホックネットワークに供する2.4 GHz帯用7素子エスパ(ESPAR : Electronically Steerable Passive Array Radiator)アンテナの設計及びオムニパターンとセクタパターンの形成方法並びに設計に基づいて試作したアンテナによるビームパターンの形成結果を示す.制御素子として用いる可変容量ダイオードの負のリアクタンス値を補償するために,素子長を波長短縮率を考慮した長さより5%延長する設計とした.パターン形成は,受信信号強度が最大になるように無給電素子のリアクタンスを制御する方法を示す.これを用いて,オムニパターン形成では,水平面360°全周における利得の最大値が0.4 dBi,標準偏差0.22が得られた.また,セクタパターン形成は水平面12方位で形成し,利得 5.4 dBi,半値角93.7°,中心周波数のリターンロス-15.5 dBを得た.