無線アドホックネットワークにおける指向性アンテナの効能に関する考察

古樋 知重
大平 孝

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B    No.12    pp.2223-2233
発行日: 2002/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (無線アドホックネットワーク技術論文特集)
専門分野: アンテナ
キーワード: 
無線アドホックネットワーク,  指向性アンテナ,  SINR,  オンデマンド,  ルーチング,  

本文: PDF(1.8MB)>>
論文を購入



あらまし: 
インフラを必要とせず自律的に形成されるネットワークとして,近年,無線アドホックネットワークが注目されている.無線アドホックネットワークは主にオムニアンテナの使用が想定されているが,各端末におけるアンテナの放射ビームパターンに指向性をもたせることにより,システムのパフォーマンスを向上させられる可能性がある.本論文では,アンテナ特性の違いによるSINR(Signal-to-Interference and Noise Ratio)の変化について検討した後,多ノード間でランダムに接続要求が生じるモデルにおいて,所要SINRを満たしうる接続可能数を通信容量の評価指標にとり,諸パラメータを変化させたときの接続可能数を統計的に評価することにより,指向性アンテナを用いることによる通信容量の増大を定量的に示した.また,パケット無線形アドホックネットワークにおいてオンデマンド方式によるルーチングを行う際に,可変指向性アンテナを受信波の到来方向推定及び送信に利用することによってルート発見時間が短縮されるなどのパフォーマンスの向上について統計的に評価し,可変指向性アンテナ利用の効用を定量的に示した.