時間分散の大きい伝送路のためのシングルキャリヤ伝送方式に関する一検討

久保 博嗣  棚田 一夫  岩瀬 厚志  林 修一  村上 圭司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B   No.11   pp.1913-1923
発行日: 2002/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
復調,  周波数推定,  タイミング推定,  伝送路推定,  適応等化,  

本文: PDF(857.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,数十Mbit/s程度のシングルキャリヤによる広帯域伝送において,高い通信品質を実現するための変復調処理方式を提案する.詳細には,変調方式をオフセットQPSKとし,同期語による相関処理に基づいたタイミング同期,周波数誤差補正,及び伝送路推定などの復調処理に関して論じている.ここで,同期語は,繰返し系列を付加したPN系列としている.なお,これら復調処理の評価に際して,現実的な回路規模で実現可能な一般化(リスト)ビタビアルゴリズムにメトリック基準合成を適用した等化器を採用している.最後に,計算機シミュレーションにより,提案したシングルキャリヤ伝送方式により,rms遅延広がりがエアで数ビットの指数減衰フェージングモデル下で,1%以下の良好なパケット誤り率を実現できることを明らかにする.