プレディストーション及び部分系列伝送を用いたOFDM非線形ひずみ補償法の特性評価

堀内 隆明
楊 偉祖
大槻 知明
笹瀬 巌

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J85-B    No.11    pp.1865-1873
発行日: 2002/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
OFDM,  非線形ひずみ,  プレディストーション,  LCP-COFDM,  部分系列伝送,  

本文: PDF(678.8KB)>>
論文を購入



あらまし: 
従来,OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)の非線形ひずみを補償する方法として,プレディストーションを用いるLCP-COFDM(Linearized Constant Peak-power Coded OFDM)方式が提案されている.しかし,LCP-COFDMでは,線形縮小操作により信号電力を小さくするため,雑音に対する耐性が弱まりBER(Bit Error Rate)特性が劣化する.そこで,本研究ではLCP-COFDMにピーク電力低減法である部分系列伝送を併用することでBERを改善する非線形ひずみ補償方式を提案する.計算機シミュレーションによる特性評価の結果,提案方式は,従来のLCP-COFDMと比較して帯域外輻射抑圧効果が同程度で,BER特性を改善できることを示す.