明環境下に設置した液晶ディスプレイのカラーマネージメント

吉田 育弘  山本 洋一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J85-A   No.7   pp.793-805
発行日: 2002/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 視覚
キーワード: 
明環境,  LCD,  カラーマネージメント,  ICCプロファイル,  

本文: PDF(937.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
明環境に設置したLCDのカラーマネージメントについて検討した.本論文では,はじめにカラーマネージメントに関するLCDの課題を明らかにし,LCDに用いて好適なカラーマネージメントシステムを提案した.更にこれを用いて,明環境に設置したLCDのカラーマネージメントについて検討した.提案した方法によれば,暗室のみならず,明環境に設置したLCDでも良好な色再現特性が得られることを示した.まず,LCDをICCプロファイルへの適合性という観点から再評価した.LCDは γ 特性や輝度特性は優れているが,基準白色や原色の色度座標が入力信号値に応じて変動する課題がある.これは,LCDのコントラスト比に関連する課題であることを示し,漏洩光を考慮すれば原色の色度座標変動が良好に記述できることを示した.またこれに基づき,LCDに好適なデバイスプロファイルとカラーマネージメントシステムについて提案し,暗室で良好な色再現が得られることを示した.次に,明環境下のLCDについて検討した.明環境で生ずる表面反射光は漏洩光と同様に扱え,適正な表面反射光を生ずるようにLCDを設計すれば,基準白色の色度座標変動が回避できることを示した.実際にこのようなLCDを試作して明環境に設置し,提案したカラーマネージメントシステムを適用して評価した.この結果,明環境下に配置したLCDに暗い画像を表示するような場合でも一定の色再現誤差を保つことができ,主観的にも画質の改善が認められることがわかった.