電熱器保護系の機能安全の評価

清水 洋孝  佐藤 吉信  福田 隆文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J85-A   No.12   pp.1380-1387
発行日: 2002/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (安全性論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
電熱器保護系,  リスク解析,  機能安全,  作動要求モード,  SIL,  

本文: PDF(348.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
IEC 61508(JIS C 0508)規格は,SILを特定するために,安全関連系の作動要求モードを低頻度作動要求モードと高頻度作動要求モード(または連続モード)の二つのカテゴリーに分類している.しかしながら,シーズンによって使用状況が異なる電熱器保護系にどの作動要求モードが適用されるかは明確でない.そこで,本論文は,電熱器の保護系に対する作動要求及び危険事象,すなわち,過熱事象の間の関係を順序依存形故障アンドゲート(優先アンドゲート)を含むFTAを用いて研究した.最終的に保護系のSILは,作動要求頻度に対する危険事象頻度の比を用いて定め,現状の規格による連続モードから得られるSILと比較した.このようにして本論文は,電熱器全体システムのリスク解析から,シーズンによって使用状況が異なる保護系のSILと危険事象との関係を定式化した.