整数ロスレス変換係数に対する最適量子化ステップサイズ

小松 邦紀  瀬崎 薫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J85-A   No.11   pp.1182-1189
発行日: 2002/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
整数ロスレス変換,  量子化ステップサイズ,  離散コサイン変換,  ウェーブレット変換,  

本文: PDF(875.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
DCTやウェーブレット変換などのロッシー変換においては,変換係数が連続的に分布する実数値である.それゆえ量子化ステップサイズを連続的に変化させた場合,量子化された変換係数のエントロピーもまた連続的に変化する.一方,整数ロスレスDCTや整数ロスレスウェーブレット変換においては,変換係数が非連続的に分布する整数値である.それゆえ量子化ステップサイズを連続的に変化させた場合,量子化された変換係数のエントロピーは連続的に変化しない.このため,整数ロスレス変換において高いロッシー圧縮効率を得るためには,選択してよい量子化ステップサイズと選択してはいけない量子化ステップサイズが存在する.本研究では,ロッシー変換係数に対する最適量子化ステップサイズを整数ロスレス変換に適用した場合の問題点を示し,整数ロスレス変換係数に対する最適量子化ステップサイズを提案する.