全方位動画像を用いた両眼ステレオ画像の実時間生成によるテレプレゼンス

山口 晃一郎
山澤 一誠
竹村 治雄
横矢 直和

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2    No.9    pp.2048-2057
発行日: 2001/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: マルチメディアパターン処理
キーワード: 
両眼ステレオ画像生成,  全方位画像センサHyperOmni Vision,  テレプレゼンス,  イメージベーストレンダリング,  plenoptic function,  

本文: PDF(2.4MB)>>
論文を購入



あらまし: 
遠隔地の情景を画像として提示するテレプレゼンスにおいて臨場感豊かな情景提示のためには,自由な見回しと立体視が可能であることが望まれる.方向を制御できるステレオカメラを用いることにより見回しと立体視が可能となるが,見回しに関しては機械的な時間遅延が生じる.本研究では,移動経路と速度が既知である全方位画像センサを用いて撮影した全方位動画像から,光線情報を用いることにより任意方向の擬似的な両眼ステレオ画像を実時間で生成する手法を提案する.この手法により見回し時の時間遅延なしに,利用者の視線方向の両眼ステレオ画像を提示することが可能となる.提案手法の有効性を検討するために,実際にテレプレゼンスシステムを構築した.システムは一定時間の最新の全方位動画像を計算機に蓄積し,蓄積された全方位動画像から利用者の視線方向に応じた両眼ステレオ画像を実時間で生成・提示する.その結果,利用者は遠隔地の情景を任意の視線方向で立体視することで臨場感豊かなテレプレゼンスが可能であることを確認した.