生成画像誤差最小化によるEPI解析

新谷 幹夫  納富 幹人  南田 幸紀  斎藤 隆文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.9   pp.2020-2028
発行日: 2001/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
エピポーラ平面画像解析,  誤差最小化,  動的計画法,  画像ベースモデリング,  コンピュータグラフィックス(CG),  

本文: PDF(3.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
コンピュータグラフィックスの発展に伴い,複雑かつ写実的なCGモデルを効率的に作成する技術が求められている.本論文ではEPI解析に基づくCGモデル自動作成法として,生成画像誤差最小化法を提案する.本手法では,生成される画像と入力画像との差が最小になるようにCGモデルを再構成する.この最小化が,動的計画法を繰り返し適用することにより,効率的に実現できることを理論的に示す.更に,屋内外において撮影を行った画像を用いた実験により,視覚的に忠実度の高いCGモデルが作成できることを実証的に示す.