誤認識訂正のための繰返し音声検出手法

井ノ上 直己  今井 裕志  橋本 和夫  米山 正秀  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.9   pp.1950-1959
発行日: 2001/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
ユーザインタフェース,  音声認識,  情報検索,  繰返し入力,  誤り訂正,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆者らは,高齢者・障害者などキーボード操作が困難な人や,健常者であっても自動車運転中のように両手が使用できない状況でも,コンピュータ操作を可能とするユーザインタフェースの開発を目的に,音声によりコンピュータと対話しながら検索が行える情報検索システムの研究開発を行っている.このようなシステムでは,必ずしもすべての入力音声を正しく認識することができないことから,認識結果の確認・訂正が容易に行えることが重要である.そこで,筆者らは,認識結果を誤った場合にだけ同じ音声を繰返し入力することで認識誤りを訂正できる新たな誤認識訂正方式を提案する.この方式では,今入力された音声が繰返し入力であるか否かの検出が必要であり,本論文では3通りの手法を提案し,それぞれの手法に対する実験結果及び3通りの手法を組み合わせた場合の実験結果を報告する.約1700単語を検索キーとする情報検索システムによる評価実験の結果,3手法を組み合わせることで,繰返し音声に対する再現率95.8%,適合率95.9%と高い検出精度を得ることができた.更に,被験者10名による主観評価の結果良好な結果が得られたので報告する.