Image-Based Renderingにおける実画像に基づく影の補間表現

寺薗 浩平  眞鍋 佳嗣  佐藤 宏介  井口 征士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.8   pp.1903-1909
発行日: 2001/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: 複合現実感
キーワード: 
イメージベースドレンダリング,  ,  パラメトリック固有空間法,  

本文: PDF(288.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
3次元モデルを使わず実画像に基づいて画像を生成するイメージベースドレンダリングは,3次元モデルが非常に複雑になる場合や,質感を重視する場面において大変有効な手法である.そのため,質感が重要視されるヴァーチャル美術館などでの応用が考えられる.ここで物体をあるシーンに没入させて表示する場合,影とともに物体を表示することで,よりリアルで自然な画像を得ることができるのは明らかである.しかし、従来のイメージベースドレンダリングの手法では影の表現は困難とされてきた.そこで本論文ではイメージベースドレンダリングにおいて実際に撮影した影を使用し,パラメトリック固有空間法を用いて任意光源下での影を表現する手法について提案する.更に入力画像枚数・対象物体の形状による影響を評価するため,生成された画像を実際に撮影した画像との比較を行う.