ユークリッド距離に基づくスケルトンを用いた3次元細線化手法の改善-ひげの発生を制御できる一手法-

齋藤 豊文  番正 聡志  鳥脇 純一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2    No.8    pp.1628-1635
発行日: 2001/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: 医用画像
キーワード: 
3次元画像処理,  細線化,  スケルトン,  ユークリッド距離変換,  

本文: PDF(400.1KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では3次元2値図形に対する細線化アルゴリズムについて,対象図形から抽出したスケルトン情報を利用することで細線化に伴う図形の縮退とひげの発生の量を調節できるような細線化手法を提案する.提案する手法では,ユークリッド距離変換を用いた細め型細線化手法をもとに,図形から得られたスケルトン点集合から一部を削減した点集合を細線化における永久保存点(アンカーポイント)として与え,細線化を行う.ここで、スケルトン点の削減の度合を選択することによって図形の縮退と偽枝の発生量を制御することができる.本手法を胸部X線CT像から抽出された気管支の3次元2値図形に適用して、偽枝・縮退の発生量について評価を行い本手法の有効性を確認した.