相対方向寄与度特徴による手書き漢字認識

森 稔  若原 徹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.7   pp.1360-1368
発行日: 2001/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
OCR,  特徴抽出,  手書き変形,  相対配置,  方向寄与度,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
手書き漢字認識では,文字線の方向情報を抽出した特徴が有効である.しかし,方向特徴は文字線の絶対的な傾き角度に基づいているため,手書き変形に起因する傾きの変動に弱い.上記欠点を補うため,本論文では,隣接文字線間の相対配置情報である相対角度及び相対位置を表現する相対方向寄与度特徴を提案する.ETL9B,ETL9Bを人工的に変形させたデータ,及び実環境下で筆記された低品質データを用いた認識実験において,提案特徴は3データセットのいずれに対しても,従来の方向特徴より高い認識率を得た.また,提案特徴と方向特徴との併用により,更に認識率を高めることができた.これにより,手書き漢字認識における相対配置情報の有効性,及び相対配置情報の利用による傾き変動に対する耐性の向上が明らかになった.