PCクラスタを利用した実時間並列画像処理環境RPV

有田 大作  濱田 義雄  米元 聡  谷口 倫一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.6   pp.965-975
発行日: 2001/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: 画像処理システム
キーワード: 
動画像処理,  実時間処理,  並列画像処理,  PCクラスタ,  分散協調視覚,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,分散並列計算機の1種であるPCクラスタを利用し,実時間並列画像処理アプリケーションを構築するためのプログラミング環境であるRPVを提案する.RPVを利用することによりアプリケーションプログラマはノードPC間のデータフロー情報と各ノードPCで実行されるデータ処理タスクのみを記述すればよく,まずこの記述法について述べる.また,このためには,データ転送機構,同期機構,エラー処理機構をRPV側で用意する必要があるので,次にこれらの実装方法についても述べる.最後に実験によってRPVの性能の評価を行う.