低ビットレート用MPEG-2リアルタイムソフトウェアトランスコーダ「Trampeg」の開発

阿久津 隆史  木全 英明  清水 淳  八島 由幸  小林 直樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.6   pp.1084-1093
発行日: 2001/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: 映像処理システム
キーワード: 
トランスコーダ,  MPEG-2,  リアルタイム変換,  動きベクトル,  画像符号化,  

本文: PDF(658KB)>>
論文を購入




あらまし: 
MPEG-2で符号化されたコンテンツをインターネットやLAN等の種々のネットワークで送信して視聴可能とするには,符号化レートを変換する,いわゆるトランスコーディングが必要となる.最も単純なトランスコーディングは,MPEG-2を完全に復号して再度低ビットレートで符号化する方法であるが,符号化を行う際の演算量が大きく,汎用のPC上でのリアルタイム処理は困難である.しかし,変換前の符号化情報を利用して演算量を抑えられれば,ソフトウェアでのリアルタイム変換が可能になる.今回MPEG-2を高品質にリアルタイム変換可能なソフトウェアトランスコーダTrampeg(Transcoder for MPEG-2)を開発した.本論文ではTrampegの適用形態・設計指針及び処理アルゴリズムを示し,実際のPC上で動作させた場合の評価結果から,ネットワーク経由で入力されたMPEG-2システムストリームをリアルタイム変換し,変換された低レートストリームを直接配信サーバに送出可能なことを確認した.