大面積圧力センサを用いた歩行パターン計測装置の開発

大和 淳司  嶌田 聡  大塚 作一  伴野 明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2    No.2    pp.380-389
発行日: 2001/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 医用工学
キーワード: 
歩行パターン計測,  圧力センサ,  歩容解析,  

本文: PDF(999.7KB)>>
論文を購入



あらまし: 
大面積圧力センサを使用した歩行パターン計測装置を開発した.従来,歩行の解析や記録のための手法は適当な装置がないため一定の手法が確立せず,そのため診断への利用に耐えるデータの蓄積も難しかった.そこで我々は,大面積圧力センサを使用して簡便に使用でき,十分な精度をもつ装置を開発し,その歩行解析への適用を前提とした評価を行った.圧力センサで問題となる基材の空間フィルタ効果を測定し,開口率問題への影響を評価した.その結果,歩行測定に十分な精度をもち,実用的であることを明らかにした.