ガボールフィルタの振幅及び位相情報を用いたテクスチャ画像の領域分割

田中 秀郎  吉田 靖夫  深見 公彦  中野 宏毅  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.12   pp.2565-2576
発行日: 2001/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
領域分割,  ガボールフィルタ,  最ゆう推定,  事後確率最大推定,  位相情報,  

本文: PDF(6.7MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,テクスチャ画像の教師付き領域分割に2次元ガボールフィルタ出力の振幅及び位相情報を用いる方法を提案する.領域分割の方法は,複数のフィルタ出力の振幅と隣接画素の位相差を特徴量として,テスト画像の各画素について最ゆう推定により,どの教師画像に属するかを識別する.次に,この分割結果をもとに事後確率最大推定を反復することにより,領域が統合された最終的な領域分割結果を得る.周波数空間上に配置するフィルタの数が少ない場合は,振幅特徴量のみでは得られない情報を位相差特徴量がもっていることを示す.特に,位相差特徴量には振幅の重み付けをすることが有効で,振幅特徴量と併用すると領域分割精度が向上することを実験により示す.