対話者の前発話を利用した統計的言語モデル

山本 博史  谷垣 宏一  匂坂 芳典  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.12   pp.2507-2514
発行日: 2001/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
N-gram,  対話,  中間言語表現,  タスク適応,  統計的言語モデル,  

本文: PDF(417.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
音声翻訳における音声認識のための言語モデルの構築手法を提案する.提案する言語モデルでは相手話者の直前の発話内容を反映することによって音声認識の性能向上を図る.相手話者の直前の発話内容はC-star(The Spoken Language Translation Research Group)で一般的に用いられている中間言語表現で表現され,この中間言語表現依存の言語モデルを利用する.ホテル予約対話を対象とした実験により約5.4%(14.7%から13.9%)単語誤認識率の削減ができ,提案するモデルの有用性が確認できた.