EPI解析におけるカメラ運動の制限緩和

南田 幸紀  新谷 幹夫  納富 幹人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.11   pp.2416-2426
発行日: 2001/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス(CG)
キーワード: 
エピポーラ画像解析,  画像ベースモデリング,  カメラキャリブレーション,  

本文: PDF(4.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,コンピュータグラフィックス(CG)コンテンツ制作の需要が高まっているが,複雑な形状のCGモデル作成は大変人手のかかる作業である.そこで,写真やビデオなどから自動的にCGモデルを抽出する画像ベースモデリング手法が注目を集めている.この中で,エピポーラ画像(EPI)解析はビデオ画像から3次元形状を抽出する手法として有力であるが,カメラの運動に厳しい制限があり,実施が困難であった.本論文では,このカメラ運動の制限を緩和する手法を提案する.本手法では,入力画像系列中の特徴点軌跡からカメラの変動を推定し,カメラが直線運動したときに得られるはずの画像系列を作成する.また,移動速度を推定することで,カメラの速度変化の影響を吸収する.以上の手順を繰り返し適用することで,モデル抽出の精度を向上させる.提案手法に基づいて実景観で実験を行い,良好な結果を得た.