経時眼底画像間の位置合せ及び色補正と画像差分量による経時変化有無判定

佐久間 聡  仲西 正  高橋 裕子  藤野 雄一  大塚 作一  伴野 明  中西 徳昌  壷内 鉄郎  谷野 洸  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D2   No.10   pp.2247-2257
発行日: 2001/10/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
眼底画像,  スクリーニング,  経時比較,  位置合せ,  色補正,  

本文: PDF(2.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,健康診断における眼科専門医のスクリーニング作業を支援するため,検査対象となる眼底画像と同一受検者の正常な眼底画像との画像比較に基づいて正常例を棄却する経時変化有無判定法を提案する.個人差の大きい眼底画像では,正常例の経時変化は皆無であり,白斑や出血等の病変によってのみ大きな画像変化が生じる.そこで,個人ごとに正常と確定診断された眼底画像を用意し,画像間の差分量に基づいて経時変化なしと判定された画像を正常例として自動スクリーニングすることにした.具体的には,個人ごとの眼底形状を考慮した位置合せ処理,撮影条件による明るさと色の違いを補正するための色補正処理,画像差分量計算のための画像間比較処理,及び画像差分量に基づく経時変化有無判定処理からなるアルゴリズムを考案した.このアルゴリズムを実際の眼底画像を用いて評価した結果,正常例棄却率78%が得られ,病変指標の面からスクリーニング作業を支援できる見通しが得られた.