入出力性能の制御によりプログラム実行速度を調整する制御法の実装方式による比較評価

谷口 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D1   No.9   pp.1362-1371
発行日: 2001/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェアシステム
キーワード: 
プログラム実行速度,  調整,  入出力性能,  オペレーティングシステム,  実装方式,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
計算機ハードウェアの性能向上に伴い,ソフトウェアの処理時間は短縮し,複雑な処理の実行が可能になっている.一方,ソフトウェアの処理速度は,ハードウェア性能に大きく依存する.このため,ハードウェア性能の範囲で,利用者が求める速度あるいはソフトウェアが提供するサービス内容に合わせた速度で処理を実行する制御方式の確立が必要である.また,制御方式の実装は,オペレーティングシステム(OS)カーネル内に実装する方式とOSカーネル外にライブラリとして実装する方式があり,それぞれ得失がある.本論文では,入出力の性能を制御し,プログラムの実行速度を調整する制御法の実装方式を説明し比較している.具体的には,入出力の回数を調整する基本方式,入出力の時間を調整する基本方式を説明し実装評価している.また,入出力の時間を調整する方式をライブラリとして実装し,OSカーネル実装と比較して,その特徴を明らかにしている.