手話アニメーション作成・編集ツール

猪木 誠二  渡辺 錬士  呂 山  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D1    No.6    pp.987-995
発行日: 2001/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: 福祉工学
キーワード: 
手話,  アニメーション,  モーションキャプチャ,  聴覚障害者,  表情,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入



あらまし: 
1,500語に及ぶ手話単語動作データベースの作成,及び動作データから手話アニメーション文を作成・編集するためのツールを開発した.動作データベース作成の際の手話単語選択にあたっては,聴覚障害者へのヒアリングを行い,普段の生活で不便を感じている場面と状況を調査することで抽出した.動作データは,モーションキャプチャ手法とデータグローブを併用することで,聴覚障害者の手話から作成した.手話単語アニメーションは多関節構造をもつ3次元キャラクタモデルの関節を動かすことで行った.手話アニメーション作成・編集ツールは,日本語の文を入力すると口形が付加された手話アニメーション文が生成される.また,手形,動作開始位置,及び動作プリミティブからの手話単語の検索も可能なユーザインタフェースも準備している.更に,手話は表情・ジェスチャが聴覚障害者の言語の一部となっていることから,手話に頻繁に付随する表情とジェスチャも手話アニメーション文に付加,編集できるようになっている.聴覚障害者による評価実験を行った結果,220単語については,平均で93.2%の単語を同定することができた.また,20文については平均82.5%を正確に理解,10.0%をほぼ理解できた.