マルチメディア用大規模システムLSIのコンカレントデザイン環境

岩崎 裕江  落合 克幸  長沼 次郎  遠藤 真  小倉 武  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D1   No.6   pp.548-557
発行日: 2001/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: VLSIシステム
キーワード: 
システムLSI,  コンカレントデザイン,  内蔵ソフトウェア,  シミュレーション,  MPEG-2エンコーダ,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,コアCPUと特定用途向き専用ハードウェアを融合したシステムLSIの開発が盛んである.大規模なシステムLSIの開発は,ハードウェアの開発とともにコアCPU上のソフトウェア(内蔵ソフトウェア)の開発期間が大きな割合を占める.このため,我々は,システムLSI開発に適した新たなコンカレントデザイン環境を実現するソフトウェアプラットホームを開発した.このプラットホームは,命令セットレベルのシミュレータと機能レベルのシミュレータから構成され,各々,コアCPUと専用ハードウェアを高速にシミュレーションする.本プラットホームは,C/C++言語で記述されており,内蔵ソフトウェアの動作検証を高速に実現できる.本プラットホームをマルチメディア用の大規模なシステムLSIである1チップMPEG-2 MP@MLビデオエンコーダLSIに適用し,本手法の有効性と実用性を実証した.シミュレーション速度は,市販で最速のコンパイル型シミュレータの600倍以上であり極めて高速である.また,ハードウェア開発(RTL記述)完了前に,最終の内蔵ソフトウェアの50%のバグを効率的に発見することができ,更に,全体として,全設計期間を1年間に抑えることができ,従来の設計手法と比較して推定で25%以上短縮することができた.