アドホックネットワークにおけるクラスタ構成法

谷口 博人  井上 美智子  増澤 利光  藤原 秀雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J84-D1   No.2   pp.127-135
発行日: 2001/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: アルゴリズム
キーワード: 
分散アルゴリズム,  アドホックネットワーク,  モバイルコンピューティング,  クラスタ構成法,  

本文: PDF(613.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,移動端末だけからなる分散移動システムであるアドホックネットワーク上でのクラスタ構成法を考察する.クラスタ構成法とは,ネットワーク上の全ノードをクラスタヘッドとそれと直接通信可能なノードであるクラスタメンバからなるクラスタに分割することである.移動端末は,計算能力,通信能力などの点でパフォーマンスが低いため,移動端末にかかる負荷が小さい手法が望まれる.分散システムの問題として,端末の移動や,トポロジーの変化に伴うオーバヘッドを考慮しなければならない.更に,無線チャネルの帯域幅の空間再利用の観点などから,クラスタ構成をすることによって,階層構造を構築する利点がある.その際,ネットワークで交換する情報量を少なくするためクラスタヘッドを少なくすることや,管理情報の受け渡しを少なくするためクラスタヘッドの変更数を少なくすることが望まれる.本論文では,アドホックネットワーク上にクラスタを構成するクラスタ構成法及び,移動端末の移動などによりトポロジーが変化した場合に対応するクラスタ再構成法を提案する.提案するクラスタ構成法は,トポロジーグラフが密な場合を除き,従来手法に比べてクラスタ数が少ないこと,また,提案するクラスタ再構成法は,従来手法に比べ,クラスタ数が少なく,またクラスタヘッドの変更数が少ないことをシミュレーション実験で示す.