FDTD法における導体コーナ部境界処理法の検討

杉山 祐  小林 秀樹  飯田 幸雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J84-C   No.7   pp.609-611
公開日: 2001/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
電磁界解析法,  FDTD法,  計算精度,  特異点,  共振器Q,  

本文: PDF(402.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
空洞共振器の外部Qの計算を通して,導体コーナ部でのFDTD計算誤差を検討している.導体コーナ部での特異性を考慮してFDTD関係式に修正を加える方法と新しい格子配置法について計算を行っている.その結果,両方法ともほぼ同程度に誤差が少なく,通常の境界処理に比べるとかなり誤差を軽減できることがわかった.