優先制御を用いたイーサネット系無線LAN通信品質制御方法

齋藤 一賢  井上 保彦  飯塚 正孝  守倉 正博  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.9   pp.1598-1612
発行日: 2001/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
IEEE 802.1D Annex H,  無線LAN,  IEEE 802.11,  CSMA/CA,  ポーリング,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
イーサネットにおけるCoS(Class of Service)制御を実現する方法として,IEEE 802.1D Annex Hで規定されたユーザプライオリティを利用する通信品質制御がある.本論文では,IEEE 802委員会で標準化が行われているイーサネット系の無線LANであるIEEE 802.11システムにおける,CoS制御方法の検討結果を示す.また,計算機シミュレーションによる評価を行い,その結果から最大遅延時間及び帯域幅保証が実現可能であること,競合制御下における優先的なベストエフォートを提供できることを示す.更に,本提案方法が大量のデータを送受信して帯域を圧迫するユーザに対する防衛策として利用可能であることを示す.