ツイストペアケーブルの構造的不均等による電気的特性

山本 直樹
下塩 義文
古賀 広昭
徳田 正満

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B    No.8    pp.1529-1543
発行日: 2001/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 環境電磁・EMC
キーワード: 
ツイストペアケーブル,  ケーブル不平衡,  1次定数,  対地不平衡,  誘導電圧,  

本文: PDF(1.7MB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文は,ツイストペアケーブルにおける構造的なパラメータ(導線間の被覆厚及び導体径,より)が不均等である場合に,各種電気的特性(1次定数,特性インピーダンス,信号減衰量,対地平衡度,誘導電圧特性)に及ぼす影響について検討したものである.実際にツイストペアケーブルの構造的不均等を実現するのは困難であるから,ツイストペアケーブルをグラウンド上で平行2線がらせん状によじられたモデルとして考え,そのモデルから導出された理論式を用いて計算機シミュレーションにより電気的特性の推定を行った.更に,市販のツイストペアケーブルで実測した結果と計算例との比較を行い,計算の妥当性を検証している.結果として,構造的不均等のあるツイストペアケーブルがグラウンド付近にある場合,各種電気的特性(信号減衰量,対地平衡度,誘導電圧特性)は悪化することがわかった.また,ツイストペアケーブルの構造から得られる縦続行列を用いた極めて簡単な計算により,そのケーブル構造と各特性の関係を求められることが明らかとなった.