異なるパケット遅延配分を考慮したスケジューリングアルゴリズム

間瀬 憲一  大原 一浩  能上 慎也  柄沢 直之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.7   pp.1311-1320
発行日: 2001/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
スケジューリング,  遅延時間目標,  キュー長制御方式,  FIFO,  優先権方式,  M/G/1,  

本文: PDF(886.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ネットワークノードにおいてトラヒックフローごとに異なる品質を保証するためのキュー長制御と呼ぶスケジューリング方式を提案する.本方式では各キューの遅延目標に基づき,そのキューに関する制御パラメータ(平均キュー長とその標準偏差)をあらかじめ(オフラインで)M/G/1モデルを用いて求めておき,得られた各キューの制御パラメータに基づき,スケジューリングを行うものである.シミュレーションにより,本方式は他の方式に比べて,より広い範囲で各トラヒックフローの遅延目標を達成可能であることを示す.また,制御パラメータを求める際,実際のパケット長分布やパケット到着分布とは異なる仮定を用いても,ある程度の性能を達成可能であること,すなわちロバスト性に優れた制御特性を有することを示す.