ダイレクトコンバージョン及びLow-IF方式を用いたソフトウェア無線機受信系の構成と試作評価

吉田 弘  加藤 貴之  富澤 武司  大高 章二  鶴見 博史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B    No.7    pp.1216-1225
発行日: 2001/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ソフトウェア無線実現のための技術とその応用論文小特集)
専門分野: ソフトウェア無線の試作と実験
キーワード: 
ソフトウェア無線,  ダイレクトコンバージョン,  Low-IF,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入



あらまし: 
近年,無線機能をソフトウェアによって自由に変えられる無線機としてソフトウェア無線機が脚光を浴びている.これまで筆者らは,所望システムの帯域幅を一括してディジタル信号に変換し,所望チャネルの信号はディジタル部で選択する受信機のコンセプトを提案したきた.更に,本コンセプトを適用したダイレクトコンバージョン方式及びLow-IF方式を用いたソフトウェア無線機基本構成を提案してきた.本論文では,これまで提案したダイレクトコンバージョン及びLow-IF方式を用いた広帯域アナログ部及びイメージ抑圧機能をもつディジタル部の具体的構成を検討し,1.5 GHz帯及び1.9 GHz帯にて試作,評価を行った.その結果,帯域幅については10 MHzの広帯域性が実現でき,また,イメージ抑圧比についてはダイレクトコンバージョン方式で25 dB以上,Low-IF方式で61 dB以上が得られた.更に受信機全体での評価を行い,複数の変調方式でエラーフリーとなることを確認した.