マルチキャストトラヒックの増加を考慮したネットワーク増設法

三好 匠  田中 良明  瀬崎 薫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.6   pp.1010-1024
発行日: 2001/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
マルチキャスト,  ネットワーク,  設計,  増設,  デルタスター,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,ネットワークの効率的利用の観点から,マルチキャスト通信の普及が期待されている.マルチキャスト通信の接続形態は,従来のユニキャスト通信とは明らかに異なるものであるため,将来マルチキャスト通信が普及すれば最適なネットワーク形態が変化すると思われる.筆者らは,ユニキャスト通信とマルチキャスト通信が混在する場合に適したネットワーク構成の検討を行っているが,このようなネットワークの下位層においては,現在主として用いられているスター形よりも,デルタスター形と呼ばれるトポロジーが最適であるとの結論を得ている.本論文では,回線交換形,またはコネクション形サービスを仮定し,マルチキャストトラヒックが増加した場合の各トポロジーの特性について,ネットワーク構成に必要となる設備の必要容量,及びコストの観点からの検討を行った.更に,スター形からデルタスター形へとトポロジーを変化させるためのネットワーク増設手法を提案し,特性評価を行った.その結果,比較的簡単な増設手法を用いて伝送路リンク増設箇所を決定することで,十分なコスト特性を得られることがわかった.