COMETS搭載移動体衛星通信用機器(MCE)の軌道上性能

斉藤 春夫  三浦 周  小原 徳昭  岡本 英二  山本 伸一  森川 栄久  小園 晋一  若菜 弘充  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.4   pp.731-740
発行日: 2001/04/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 衛星・宇宙通信
キーワード: 
移動体衛星通信,  中継器特性,  再生中継器,  Ka帯,  ミリ波帯,  

本文: PDF(347.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
通信放送技術衛星(COMETS)は,平成10年2月21日に打ち上げられたが,H-IIロケット第2段エンジンの故障により静止トランスファー軌道への投入に失敗した.その後,アポジエンジンによる7回の軌道変更により,遠地点高度17,711 km,近地点高度473 kmの2日9周回の準回帰軌道にのせることに成功し,1日当り最長90分間の通信実験が行えることになった.平成10年8月末から通信・放送実験が開始され,平成11年1月に定常運用段階を終了し,2月からは後期利用段階に移行した.しかし,残念ながら平成11年8月6日に,予定された運用期間のほぼ半分でCOMETSの運用は終了した.本論文では,軌道変更直後に衛星のテレメトリのみを用いて実施された軌道上における移動体衛星通信用機器(MCE)の初期機能確認試験と,その後,地球局から実際に通波して行われた軌道上機能評価実験の結果ついて述べる. 周回化により懸念されていた放射線の影響による特性の劣化はごく一部に限られ,ほとんどのMCE機器が軌道上においてもほぼ良好に機能していることが判明した.